2018年01月04日

The Japanese


明けましておめでとうございます

本年もよろしくお願い致します




新年早々は箱根駅伝を見ていた


個人が、チームが、一丸となって戦っていた


また青学の圧倒的勝利だ


強いもののドラマも痛快だが

繰り上げスタートに間に合わなかったチームを見て

少し悲しくなった


なんでもトップとの差が20分になっても

中継地点に辿り着けなければ

その選手を待たずに

繰り上げスタートするというルールらしい


力及ばず、力不足だ


厳しい現実である


その背景のいろいろなことを想像してしまった


ソウルが厚すぎなんじゃないか?

”陸王” 履けばいいのに・・ってドラマの観すぎか?




しかし約20Kmを1時間くらいで走ってしまう

どれだけ速いんだ?


今自分はダイエットのため3日に1回ジムで走っている

それも下が動くローラーの上でだ

1時間に10Kmのペースでいつも最後は死にそうになる


彼らは坂だの風だのを受けながら自力で走っている




最終10区、青山学院大学余裕の独走態勢!

残り5Km、2位との差は5分以上空いていた

ここで今、俺にタッチ交代したら

果たして2位に追いつかれるだろうか?

逃げ切れるだろうか?


追いつかれるな・・間違いなく

単純計算しても、自分は5Kmを30分かかる

ダメじゃん!


みんなゴールでイヤな顔するだろうなぁ

なんでお前が走ってんの・・?

さすがの原監督も吠えるよなぁ


なんかスイマセン・・


新年からアホなこと考えてた



しかしマラソンは

日本人に合っているスポーツなんだろうなぁ




日本人はチャレンジを嫌う

成功することより

失敗しないことで満たされる


それが脳科学的見地から見た

日本人の脳構造の見立てらしい


例えばサッカーで今一つ世界と渡り合えないのは

一瞬の判断のとき

失敗しない選択肢を考えてしまうかららしい

従ってゴール前でたくさんの選択肢があることを好む

そのために1テンポ2テンポ動作が遅れるのだそうだ

時間で言えば1秒2秒判断が遅いということだ

直感で動かず一々考えてしまう

だから野球のほうがその考える時間があるから強いのだ


なにか納得した


一般的日本人は

チャレンジしろ!と言われるのが何より嫌いらしい

それを好むのは全体の1%で世界で最も低い数値とのこと


ちなみに南米人は世界の中でチャレンジを好む率が高く

全体の40%を占め、チャレンジのない人生など

生きている意味を感じないらしい

失敗したくないのではない

成功したいのだ

最もアグレッシブな人種だということ



成功したいわけじゃなく

失敗したくない人種と

その差はかなり大きい



なるほどな〜



だからあり得ないような

アクロバティックなイメージまで試してしまうのか

しかしそれが決まればかなりカッコいい


サッカーが強いのと関係がありそうだ


従ってあらゆる場面で

大きく成功もするが大きく失敗もする


日本人は固い線を望む

高い貯蓄率もその表れだろう


欧米人は失敗をさほど気にしないが

日本人は一々クヨクヨしやすい


これらは脳構造の問題だから

努力するとか頑張るとかの次元じゃない

それだからいいとか悪いとかでもない


そういう風にできているというしかない

一つの目安だ


単なる学者の戯言で

そうでもない人だってたくさんいる、が

まんざら間違いでもないだろう


難しいことを言えば

ドーパミンとかセロトニンとかトリプトファンとか、

そういう脳内物質の分泌量が多いとか少ないとか・・

聞いていても眠くなるが、なんかそういう根拠らしい



日本人は世界一失敗したくない人種なんだなぁ

そこは大いに納得した



箱根駅伝で

繰り上げスタートに間に合わなかった選手が泣いてた

なにかその悔しさと悲しみが伝わってきた


あれは勝てなかったことへの悔しさか?

それとも襷を繋げずに途切れた

失敗の恥じらいや惨めさからくる悔しさか?


おそらく後者だろう


見ている側は誰もそれが惨めだなどとは思わない

むしろあらゆる場面で自分が負けた時の気持ちを重ね

共感の意識のほうが強いが、

走っている本人がそう思ってしまうのだろう


だからそんな感じなんだ

だからあんな感じなんだ


いろいろ思い当たる節がある


だから切り替えが遅い日本人

だから失敗を失敗と認めないように教育する日本人

だから肯定文ばかり、気休めばかりの日本人

だから話をすり替えたり言い訳ばかりの日本人



それが人により場面により

吉とでることもあれば、凶とでることもある



いいとか悪いとかの話でもない

そういう風な脳の傾向だということ・・らしいよ





最後に人種に関係なく・・人類とは、


想いや感情や精神論的な観点からではなく

脳科学的に言えば、

または素直に脳の指令に従えば、


生きているものが勝ち

生きてさえいれば良い


という結論らしい



それ以外の人間が圧倒的に時間を割いて

日々問題としている細かな戯事は

オマケのようなもの

楽しまなきゃ損です



ということでした



学者はデータベースで整理したがる



脳科学者の脳構造はAIと同じ

わざわざ人間の思考が逆輸入のごとくロボット化してゆく



そこに酔いしれる

知性の高揚・・一種の思い上がりだ



莫大なデータの中から最良の方法をいち早く探る

それがAIである



知能指数が上がれば上がるほど

そのデータばかりを信じやすく

人としてのアクロバティックなイメージが欠けてゆく

人としての面白さが欠けてゆく・・ニ律背反だ



今や科学に多大なる恩恵を賜り

この世界はずいぶん便利になった



ただその高い知能を持った人間自体は

実はずっとアナログのポンコツ野郎である



人は科学の進展と伴に自分までもが急に

頭脳的にスマートになれた気になりやすいが、

大きな勘違いだ



人はポンコツだからストレスをつくりだし

ポンコツだから味わいがあり面白いのだ



そしてその中でもかなり警戒心の強い

・・The Japanese!!



戌年には悪いが、やっぱり猫にしか見えない












ss-2008050121391610584[1].jpg






2017-11-18-11-57-03.jpg

クリームを使わない卵黄だけのカルボナーラ























posted by 真中 at 11:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182032176
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック