2017年07月12日

被害者は加害者・いい人はわるい人


いよいよと言うのか、とうとうと言うか

ともかく暑くてむさ苦しい真夏がやってきた

自分としては苦手な季節の到来


しかも最近の夏は期間が長すぎやしないか?

6月から10月初旬まで丸4カ月ちょっとは暑い暑い日が続く

一年の3分の1だ

季節は4つあるのに・・計算が合わない

昔はそんなだったっけ?

そりゃ、春も秋も少しづつ肩身が狭くなるってものだ


このむさ苦しい夏に限ってむさ苦しいニュースが

入道雲のようにどんどん自然発生し

やがて雷雨となり猛威を振るい、もう手に負えない



おばはん達の熱い夏!!

まぁ、おっさん達も負けてはいないが

・・特におばはんが目立つ今日この頃


もう笑うしかない


秘書を罵倒しながら程度の低い誹謗中傷をし

または単なる離婚騒ぎの恨み節を

ネチネチとネットでぶちまけ

どこぞの落選議員は

誰かさんが脇が甘いから私は落ちたと・・


みんな自の非を認めない

自分は一切悪くないのだから、おめでたくてとても稚拙だ


冷静に視てみれば皆何かに依存して

結果が得られないから逆ギレしているだけで

自らの幼稚さを露呈しているにすぎない

彼らには決まってその強烈な自我を反省する感性がない


ただ単に依存心が強すぎるのだろう


依存心が強い者は思い通りの結果に成らなかったとき

逆ギレする・・ことが多い



この種は今や議員や芸能人に限らず

街のあちこちに潜伏する

ほんとうにむさ苦しい時代になった



物事を俯瞰して視ずバランス感覚を欠いた

自己中人間は確実に増えているようで

彼らは大抵外面が良く

そのわりには人の意見は聞き入れないのが特徴である


小さな考えに囚われた者は自の考えがいつでも正しくなる

平たく言えばキャパが狭いのだ


すなわちそれを侵されると逆ギレする

まるでストーカーの心理に類似する


その数が多くなればこの世相も

もはやみんなで渡れば怖くない状態となり

根本的な想念の気候変動を巻き起こすことになる


刑事事件でもない限り

民事上のちまたの戯れ事で被害者と主張する者は

断片的に視るのではなく

時間軸をずっと前から通して視てみれば

実は加害者の要素を兼ね備える


被害者になるべく相手への危害の種を

少しづつ知らぬ間に

自らが撒き散らしてきたのではないか?

しかし当人はそんなつもりはないのが常で

それが自分中心でしか考えていない証しとなる


その一切を棚に上げ一番最後に被害者になったとき

結末の断片だけを強調して

すべてが被害者のような顔をする


タマゴが先か? ニワトリが先か?


その総体を加味して考えれば

傷つきながらも少しは謙虚になれそうなものだ


そしてとかく

いい人は、わるい人だ


断片的に自分にとっていい人は

時間軸を長期で、そして大きく多角的に視てみれば

結局は自分にとってわるい人になることがある


そしてその逆パターンで

悪い人がいい人となることもある


すなわちいい人も悪い人も

自分が勝手に決めつけ思い込んでいるだけで

事実はそうでもないということ




道理を理解せずに近々の断片だけを切り取って

白黒判断し、思い込み、人を責め立ててしまえば

回り回って最終的にはまた自らに負が返ってくる


その負の連鎖を想像できないのならもう仕方ない・・


豪雨、雷雨、暴風雨は枯れるまで降らすしかないが

枯れ果てたときみじめになるのは結局自分となる


”千と千尋の神隠し” に登場する ”顔なし” が

吞み込んだ汚物を吐き出し枯れ果てた後

力なくトボトボと歩いていた姿を連想させる



この暑い夏が伸びてしまったワケは

こういうむさ苦しい世相により連鎖するの

・・かもしれない



人間の想念と、気候や天変地異は連動する

まさしく残念な都市伝説である



そしてこんなに愚痴っぽくて

聞いてる側も更に暑くなるようなことを

わざわざ発信しなくともよいのだけれど

それでも発信してしまうのは


ぜんぶ、暑さのせいさ!!


暑さはそういう負を連鎖させる


狂気的に怒鳴りまくるヒステリー議員とか

貞子みたいにテレビの枠から乗り出してきそうな

とある女優の怨念ビデオを見てしまってから


・・どうもおかいい


あれが単なる新しいホラードラマの段階的番宣だったら

センスを感じられたのに・・


いい加減テレビ局も流さない方がいい

負の空気を撒き散らしてるからもうやめようよ!!


それを面白がって総力を挙げ彼女の居場所を調べたり

テレビのワイドショーもくだらないし

ツイッターやFBでフォローする方もどうかと思う


そしてフォロー数が増え家族が増えたとか喜びながら

さらにパワーアップしてる本人も


もうみんな壊れてしまっている


呑みこんだ汚物は全部吐き出さなければならないが

ゲリラ豪雨ならごく狭い局地に降らせばいいのに

全国的に降らせることが自己満足になっている


それが彼女にとっての聖戦なのだろうが

その正義は自己中心的で屈折しているテロリストと同じ

まさに ”顔なし” と同じ


やはりみんな暑いから壊れ気味なんじゃないかな?





やっと蝉が鳴きはじめ

夏らしい夏となった




毎年蝉の鳴き声は胡散臭いと想っていたけれど

罵倒する人間様の叫び声に比べたら

なんて心地よいのだろうとあらためて気づかされた



皮肉なものだ



そうめんとか冷製パスタでも食べてクールダウンしよッ!!



皆さんも不意打ちのゲリラ豪雨に攻撃され

夏バテしないようご自愛ください



それでもなんかあったら

みんな暑さのせいさ!!




ドンマイ!!









ss-200809090057117928[1].jpg













posted by 真中 at 20:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180324517
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック