2018年04月24日

葵色の花


長く続く晴れた日々に

長く続く細い坂道には

新緑の隙間から淡い光の玉がこぼれる


その脇に建つ家のベランダには葵色の花と

干した白いシャツがそよ風に翻っていた


半透明の空には

気の早い夏の積乱雲に成り損ねた大きめの雲が

ぽっかりと遠くて低い場所にかぶさっている




誰もが何かからやっと解放されたように窓を開け放ち

その表情は初夏の陽射しと同じくらい穏やかだ




”悪いのは誰?”


そうずっと言いながら

自らを省みず利己的な正義を掲げ

感情にまかせ勝ち切ろうとするこの街では

湧き上がる愛をもって解決する人は

もう珍しくなったけれど、

ひと時の憩いに

まるで何事もなかったような平穏な日々が

この道みたいにずっと遠くまで続くような錯覚を覚えた




腰の曲がった白髪の老婆が不意に目の前に現れて

杓子定規な笑みを浮かべ袋小路の小道に消えた


ひらひらと

紋白蝶が老婆を追いかけ路地を曲がる


そのあとで蒸しあがった碧い草の匂いがした・・




それぞれに別々の道を歩んだ末に

今こうしてほんの一瞬だけすれ違っている




少し強い風が吹き抜け

むらさき色の若葉が舞いあがったら

でっかい蝶とでっかい老婆が現れる



それで急に凶暴になり街を破壊するわけでもないが

老婆は紋白蝶を引き連れ

袋小路の奥までずっと進んでゆくのが見えた



何の変哲もないこの街角で

古い井戸が枯れている



老婆はただ寂しげに井戸を覗き込んでいた




求めるばかりで与えられないこの街角でまた水が枯れる




ほんの小さな関わりに

一つのコミュニティーが生まれやがて社会になるが

ただ身の周りに都合のいい者だけかき集め

それ以外は無関心で互いの存在すら気づかないでいる



そしてまた水が枯れてゆく



やがてお祭りが去ったあと

人は孤独になるのだ



もしも孤独を感じるのなら

それは無知の証



人が居ないのなら、

そこには空もあるし花もあるし星だってある

精霊もいれば天使もいる



皮肉なことに、

凛として自然と対話している者には諸々集まり

思惑と感情の中で無理にでもかき集めたような者からは

やがて諸々去ってゆくものだ




ただ上手にできなくて、それで強がって

全然平気なふりをしても本当は

人は皆どこかでつなかりを求めてる




その婆さんは引き連れた紋白蝶と伴に

いつしか巨大化した


まるで自らの存在を知らしめるかのように



老婆は間もなく死を迎えるのだろう

やり残したこととか、言えなかったこととか、

いろいろな想いのなかで・・


それは一見悲しい姿にも視えるが、


たとえばもしも人間に永遠の命が与えられたとしたら

いったいどれくらいの人が喜ぶだろうか?



人はほんの短い命だから頑張れるのではないか?



もしも人生に終わりがないのなら

とてもやっていられやしない



強制で終わらせたくなる人の方が多いのではないのか?




どの路そんなに遠くない将来確実に死ねるのだから

それまでは頑張るし、感動もするし

せめて懸命に善を保とうとする



木々が覆いかぶさって先の見えない坂道の

その長いようで短い道の上で


人はわざわざいがみ合い、

時に嫌な奴になってまで懸命に自らを主張し、

そしてどうしても死にたくないと生にしがみつくものだ



時がくれば死ぬのだから

ジタバタしなくていい



ぜ〜んぶ逆さまの想い違いだったかも知れない



誰もが当然のように死を嫌い避けるものだが、

死が不幸ではなく幸福なことだとしたら・・




いつか死する、その約束ごとに感謝する




それまでは、

できるだけ多くの愛を、幸せを啄ばんで

きるだけ多くの愛を、幸せを

他に与えることだ


時が来ればそれを丸ごとただ次にバトンタッチすればいい


後腐れなく、未練を残さず、すっきりくっきりと





朦朧とした晴天の白い霧の中で

道の上に一羽の鳩が舞い降りる



彼は何かを啄みながらふいに哲学を語る



”現実は壮大に仕組まれた夢”

”死はその夢から覚めること”

“生と死はただ時間と場所と記憶が変わること”






路地裏の枯れ井戸に水が湧き上がるのが視えた


坂道はずっと遠い空まで続いてゆくようだ


新しい命の隙間からこぼれた光の玉のなかを・・





どこか懐かしいような知らない街の

遥かに続く新緑の坂道を歩いてる・・





夢をみた









IMG_0635.JPG








DSC_0054.JPG

グリンピースのヴルーテとグレープフルーツの泡






えんどう豆のカプチーノ.JPG

グリンピースのラテ



題して

”碧い夢”




生のグリンピースがではじめました

グリンピースが嫌いな方は多いようですが・・

それは冷凍のグリンピースを食べているからでは?





















posted by 真中 at 22:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年04月04日

自由論 / これからを担う若者たちへ


自由に伸び伸びと

個性を大切に

あるがまま、ありのままで・・

ナンバー1より、オンリー1


そういうことを推奨されてからもう久しい



しかしそれで開花する若者は

ごく一部の天才だけだよ



大多数はその想いのために返って失墜する

それらは単なる気休めの怠慢と同じことだから


なんの努力もしなくとも

誰だって初めからありのままのオンリー1だろ


オンリー1じゃないヤツなんかいるのか?



そんな気分でいられるのは過保護な親元にいる間だけだ



事実は全然自由じゃないし伸び伸びとなんかできない

あるがままの姿でいいわけないし

勘違いした態度とったら知らぬ間に干されるよ

”君は何にも悪くないからね”とか言われながら

本当の理由を告げられないまま徐々にFADE-OUT

なぜダメかなんて一々教えてくれない

自分で解らない段階でもう省かれてる



この社会で個性を生かせるのは

あるポジションに達した者だけだよ



思い通り、希望通りになんかいかないし

実態は我慢と辛抱の連続だ

適当にあやされチヤホヤしてくれるのは

最初の3か月だけだろう



それでも八つ当たりせずにどう探究して面白がるか?

自分を冷静に分析し、自棄を起こさず、ひねくれずに

内面と葛藤し徐々に変化しながらどう前を向くかだ



本当に自由になりたいなら

世を捨てどっかの田舎で自給自足の生活をするか

散々不自由な場所をあえて通過しながら

スッタモンダの末自分を改造して

ごく自然に感謝できる心境に到達するかだ


苦しいと思っていたことがやがて愉しみに変わり

不自由だったことも段々自由へと形を変え

向き合っているものに意味を見いだせたら

それが真剣にもがいた証しだから

その中にのみ微かでわずかばかりのチャンスが潜んでいる


そのチャンスは小さそうで案外大きかったりする


それでもランクが上がれば上がったで

また違う苦労がつき纏い

終わらないゲームに更に挑むことになる


その頃にはもう苦しみとかじゃなく

違うニュアンスになってるだろうけどね




古いとか新しいとか時代がどうとかは関係ないし

今どきの若い者はとか、昔はどうだったとか

そういうのじゃない

どんな時代であれ同じ道理がある



”根本的に価値観が違います!”って言いたいのだろうが

結局時間を経過したあと同じところに帰ってくるのさ


人間の本質とか人生の意味合いなんて

時代では変わらないんだ

時代で変わるのは景色とか道具とか情勢とか

個別の出来事だけだよ


嘘だと思うならせいぜい新しい時代の価値観で

過去を否定し進化した素敵な未来を歩いてみればいい


結局100年前、1000年前と同じことで揉め

同じことで悩み、同じことで裏切られ、同じことで憎み

また同じことで愛を知るのだ


たまたま平安なゆとりの時代になったり

戦時下になってストイックになったり

ウエーヴのなかを行き来してるだけで

その時代時代の価値観はファッションみたいなもの

それで人間の本質まで連動して変わるわけではない



ファッションは見かけの美は変えられるが

内面の美までは変えられない

時代の進化でいろいろシャープでスマートになるが

自動的に連動して個々の内面まで進化することはないのさ

だから努力もしていない自分を便乗値上げしないで!



時代にかこつけ都合のいい解釈の気休めばかり言って

まるで過去の苦しかった自分の歩みを否定するように

根本的に全部変わったみたいなこと言いたくて

自らを正当化してる親とか大人達が多いから気をつけな


苦しい歩みは上辺のファッションじゃ変わらないのね


それは周りのキャスティングを入れ替えてもダメだし

制度を換えてもダメだし、服を着替えてもダメなの

自の内面を変えるしかない作業なんだ


そしてその大衆に突き動かされる

票が欲しいだけの政府とかもさ


裏ではコソコソ血税を私物化し垂れ流してるわりには

表面ではウケ狙いの気休めばかり言ってる

みんな服を着替えるだけで騙そうとするから茶番になるの

内面を変えないとなにも進化しないでしょ



この国は結構な確率で茶番なんだ



甘い話には落とし穴ばかり・・

それで良かったら誰も苦労しないのね



聞くならあえて耳の痛いことを聞き入れ

学ぶなら気休めの嘘じゃなく

研磨されながら楽しみを見つけだす本質を学び

それを頭じゃなく体で感じながら夢を見なよ

夢は現実と連動しなきゃ意味がない



散々何にもない自分に自由だ個性だとのぼせれたあと

なにかあればいつでも誰かのせいにして

やっと自の愚かさに気づいたときはもう遅いからさ



その後はいい歳になってから

ずっと思ってくれていた人といがみ合うことになる



その時、履き違えた愛情を公明正大に掲げ

我が子に都合のいい気休めばかり言ってきた親は

どうするんだろうね?



相変わらず歪んだ解釈をして

話をすり替え誰かのせいにしちゃうのかな?



まだまだ若いこれからの人へ



自らをもったいぶらず100%費やしてください

時代と逆行したこと言って悪いけど

損した気になっても結果的に何にも損なんかしません


そのすべてはやがて自分に返ってきますよ


計算ばかりの駆け引きをして費やさなかった自分も

費やさなかったセコイ雰囲気がそのまま返ってきます

例えばそれで一時的にお金儲けができたとしても

違うニュアンスでそのセコさが返ります



その時はくれぐれも人のせいにしないようにね



手っ取り早くおいしい話ばかり求めてないで

自らを費やしてください

費やしてなんぼだよ



結果最後にどれだけ自分に幸が返り

その反動で人にどれだけ幸を返すかだけだ



そのゲームに全エネルギーを注げば人生は面白くなる



その振り子の力学を

最初から小さな振れ幅にしないほうがいいよ



そういうのきっちり教えてくれる大人が少ないから



なんかみんなビクビクして

言っちゃいけないみたいになってるの



要は時代のせいにした単なる自己保身なんだ



まぁ確かに

親バカの反撃を一々相手にするのもメンドクサイしな



くれぐれも損得勘定ばかり考えてる

小っちゃい大人になるなよ!



今、なんにも努力してない、なんにもない人が

自由だの個性をリスペクトしろだの

我が物顔で叫ばないほうがいいよ

滑稽だから


それらは散々もがいた後、内面で勝ち取るものです


手っ取り早く服を着替えたって自由は手に入らないの

自由にさせてくれない周りが悪いんじゃないの

全部自分の内面の小ささがのその不自由を招いてるのね

勘違いしないで!


時代の進化により使っているアイテムが変わり

無駄を省き、処理スピードが速まり、

個別モジュールで細分化された機能を取り替え、

時の密度も変化して景色がどんどん移り変わるけれど

それで人間としての課題までもが簡素化され

楽になったわけじゃないのね



残念な親たちは我が子を苦しませないように

不自由のないように上辺の洋服を着せ替えようとするのね

その我が子の方も、イヤなことを言わない

友達みたいな仲良しの親が大好きだから誰より信じるよね

でもちょっとしたことでバランスが崩れれば

耐性や免疫が鍛えられてきていないから

被害妄想の中お門違いの八つ当たりをするようになる


本当の人生の害はその親だったりする


だからって親と縁を切るとかじゃなく

誰よりも貴方を思ってくれているのは間違いないのだから

大切にしながら

早々と精神的に自立をするんだ


歳取ってから気づいてももう遅いんだよ


そしていつか親に教えてあげなよ

いつまでも子供に依存しないであなたも自立して、って

ありがとうね、感謝してるよ!、って


何が真理かよく考えて歩きな


時代が主体じゃなく自分が主体だ

時代に乗ってる気になって一緒に沈没しないでね


今楽しいことがやがて虚しさに変わる時がくる

楽しいことが楽しくないと気づいたとき

その時またよ〜く考えて

本当の愉しさを探してみなよ


優しいことが優しくないことに気づき

冷たいことが冷たいのではないことを知ったら

また本物を探してみな


今絶対的に信じているものが信じられなくなることがある

そして必ず虚しさに変わるから

そのときは苦しみの中で本物を探してみな

苦しみの中でしか視えないことがあるから



苦しみを知るから本物の愉しみを知れるし

不自由を知るから本当の自由を見いだせる

闇のなかを通過すれば本物の愛が視える



苦しみも不自由も闇も拒絶すれば

目の前にはキラキラしたガラスの偽者しかないのね

それをダイヤモンドに見せかけようとしても

光のレベルが全然違うんだよ



せいぜいもがき苦しんで

それで被害妄想の中八つ当たりしてグレれば

あなたは相変わらず甘えてるだけだし

グレずにずべて自己責任として解決してゆけば

あなたは自らの弱さを心得て強くなったし

それが全部内面の変化に繋がる肥やしになるから

嫌がらず避けず逃げず恐れないで

その不自由さを大事にしてみな


真っ直ぐ向き合っていれば

何かが視える瞬間がきっとあるから



やがて本当の自由に変わるまで

やがて本当の愉しさに変わるまで




いつか、

使い古しの擦れたTシャツ着てたって

内側から眩い光を放ち

あなたの瞳の色はきっと深くなっているんだろうな




その瞳で視わたす世界は

碧く、広く、深く、静かで、




自由だ











ss-20110408231302133153[1].jpg






ss-2009061108135644050[1].jpg






ss-200811030014426983[1].jpg













posted by 真中 at 08:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記